【前の記事】平成何年分の扶養控除等申告書からマイナンバーを書くの?

去年マイナンバーを扶養控除等申告書に書いてもらわなかった場合、今年の年末調整ではどう対応すればいいの?

Q1-2 平成27年中にマイナンバー(個人番号)の記載のない扶養控除等申告書を受領していた場合、平成28年中に従業員に補完記入してもらう必要はありますか。
(答)平成27年中にマイナンバー(個人番号)の記載のない扶養控除等申告書を受領していた場合、平成28年以降、従業員に従業員等のマイナンバー(個人番号)を補完記入してもらう必要はありません。

昨年はマイナンバーをもらいそびれた、という場合には、そのまま放置でいいですよ、という訳です。

扶養控除等申告書とマイナンバー 国税庁HP FAQ スペシャル
こちらの記事もご覧ください!

扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする手法には、
①扶養控除等申告書をベースに作成した「一定の帳簿」があれば、2年目以降のマイナンバーの記載を不要とする『一定の帳簿スペシャル』
と、
②扶養控除等申告書に一切マイナンバーを記載しない『超特例帳簿スペシャル』
の2つがあります。
話題になっているのは、②の方です。
下記の順に読んでいただければ、と思います。


★平成何年分の扶養控除等申告書からマイナンバーを書くの?

★去年、マイナンバーを扶養控除等申告書に書いてもらわなかった場合、今年の年末調整ではどう対応すればいいの?

★扶養控除等申告書には、マイナンバーは記載不要?

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする場合の「帳簿」の注意点

★扶養控除等申告書に一度もマイナンバーを記載しなくてもOK!

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする場合の「4要件」+「1要件」

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載不要は、帳簿がなくてもOK!

★平成28年分と平成29年分の扶養控除等申告書とマイナンバーの奇妙な関係

★「扶養控除等申告書とマイナンバー問題」で頭が混乱すると、しちゃいそうな間違い特集

★マイナンバーを絶対に記載できないようにするための扶養控除等申告書のカスタマイズ!

★『一定の帳簿スペシャル』のマイナンバー帳簿は、いつまで保存しなければならない?

★扶養控除等申告書に記載しなかったマイナンバー等に変更があった場合には、「3年保存期限」の「変更届出書」の提出が必要!

★扶養控除等申告書にマイナンバーを記載しなかった場合の、「変更届出書」以外の変更対応方法とは?

★帳簿がなくても従業員がマイナンバーを扶養控除等申告書に記載しなくて済む方法!

★扶養から外れた人のマイナンバーは、マスキングして扶養控除等申告書を保存?

なお、平成28年分の給与所得の源泉徴収票(税務署提出用)を作成するために、従業員からマイナンバー(個人番号)を取得する手段として、平成27年中に提出された扶養控除等申告書へマイナンバー(個人番号)の補完記入を求めても差し支えありません。

でも、今年(『平成28年』)の年末調整で使うんだから、去年の年末に従業員から集めた「『平成28年分』の扶養控除等申告書」を一度返却して書いてもらってもいいよ、ということです。

まっ、これが正当ですね。

また、平成28年分の源泉徴収票(税務署提出用)の作成に当たっては、平成28年末に提出を受ける平成29年分の扶養控除等申告書に記載されたマイナンバー(個人番号)を使用することとしても差し支えありません。

今年の年末調整の際にマイナンバーを確認するのは、昨年の年末に従業員から集めた「平成28年分の扶養控除等申告書」でもいいですし、集めるタイミングが今年の年末にやる年末調整と同じだから、「平成29年分の扶養控除等申告書」でもいいよ、ということです。

まっ、通常は平成28年の年末に行う平成28年分の年末調整は、「平成29年分の扶養控除等申告書」を使いますよね。

それが最新の家族構成(正確に言うと「扶養関係」)を教えてくれる訳ですから。

本来だったら、例えば娘さんが平成28年の途中に結婚して扶養から外れた場合(旦那さんの扶養になるという前提です)、扶養親族に異動があったということで、「平成28年分の扶養控除等申告書」を出し直すか、記載内容を訂正する必要があるんですが、現実にはそんなことやっていない事業者さんも多いのではないでしょうか?

平成28年中の扶養親族の異動は、平成28年の暮れにやる年末調整で、まさに「調整」しちゃえばいいじゃん、って感じで。

(ただし、平成29年分から扶養親族でなくなった者がいる場合には、平成29年分の扶養控除等申告書には当該扶養親族のマイナンバー(個人番号)が記載されていませんので、別途取得が必要です。)

まっ、こんな場合もありますから、実務上は、「平成28年分の扶養控除等申告書」と、「平成29年分の扶養控除等申告書」を見比べて、変化を見つけた場合には、それがいつからなのかを確認して、正しく源泉徴収票(年末調整)に反映させるようにしましょう。