【前の記事】「扶養控除等申告書とマイナンバー問題」で頭が混乱すると、しちゃいそうな間違い特集

マイナンバーを絶対に記載できないようにするための扶養控除等申告書のカスタマイズ!

Q1-3-6 一定の帳簿を備えているため扶養控除等申告書へのマイナンバー(個人番号)の記載を不要とする場合に、マイナンバー(個人番号)が記載されないように、例えば、マイナンバー(個人番号)欄のない扶養控除等申告書を使用してもよいですか。また、マイナンバー(個人番号)欄に斜線等を引いてもよいですか。(平成28年5月17日追加)

こんなこと、してもいいんでしょうか?

扶養控除等申告書とマイナンバー 国税庁HP FAQ スペシャル
こちらの記事もご覧ください!

扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする手法には、
①扶養控除等申告書をベースに作成した「一定の帳簿」があれば、2年目以降のマイナンバーの記載を不要とする『一定の帳簿スペシャル』
と、
②扶養控除等申告書に一切マイナンバーを記載しない『超特例帳簿スペシャル』
の2つがあります。
話題になっているのは、②の方です。
下記の順に読んでいただければ、と思います。


★平成何年分の扶養控除等申告書からマイナンバーを書くの?

★去年、マイナンバーを扶養控除等申告書に書いてもらわなかった場合、今年の年末調整ではどう対応すればいいの?

★扶養控除等申告書には、マイナンバーは記載不要?

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする場合の「帳簿」の注意点

★扶養控除等申告書に一度もマイナンバーを記載しなくてもOK!

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載を不要とする場合の「4要件」+「1要件」

★扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載不要は、帳簿がなくてもOK!

★平成28年分と平成29年分の扶養控除等申告書とマイナンバーの奇妙な関係

★「扶養控除等申告書とマイナンバー問題」で頭が混乱すると、しちゃいそうな間違い特集

★マイナンバーを絶対に記載できないようにするための扶養控除等申告書のカスタマイズ!

★『一定の帳簿スペシャル』のマイナンバー帳簿は、いつまで保存しなければならない?

★扶養控除等申告書に記載しなかったマイナンバー等に変更があった場合には、「3年保存期限」の「変更届出書」の提出が必要!

★扶養控除等申告書にマイナンバーを記載しなかった場合の、「変更届出書」以外の変更対応方法とは?

★帳簿がなくても従業員がマイナンバーを扶養控除等申告書に記載しなくて済む方法!

★扶養から外れた人のマイナンバーは、マスキングして扶養控除等申告書を保存?

(答)
扶養控除等申告書については、法令で様式を定めているものではないため、法令で定められた記載事項が記載されていれば、適宜の様式を用いることができます。

記載すべき内容が備わっていれば、税務署が発行するものと同じ様式じゃなくても大丈夫なんですね!

したがって、一定の帳簿を備えているため扶養控除等申告書への従業員等のマイナンバー(個人番号)の記載を不要とすることができる場合において、マイナンバー(個人番号)欄のない扶養控除等申告書の様式を用いることや、マイナンバー(個人番号)欄に斜線を引く等の措置を行っても差し支えありません。

当然、マイナンバー帳簿をきちんと作成することが大前提ですが、扶養控除等申告書をカスタマイズして、マイナンバー欄を無きものにしてもいいんですね!

なお、この場合に、給与支払者に初めて扶養控除等申告書を提出する従業員や新たに控除対象配偶者を有することになった従業員がいるなど、マイナンバー(個人番号)の記載が必要な場合においてマイナンバー(個人番号)が記載されないといったことがないよう気を付けていただく必要があります。

FAQの流れ的には、これはQ1-3-6ですから、Q1-3-1の系統を引いた
扶養控除等申告書をベースに作成した「一定の帳簿」があれば、2年目以降のマイナンバーの記載を不要とする『一定の帳簿スペシャル』
の話のはずです。

ということは、最初は、扶養控除等申告書にマイナンバーを記載してもらわなければならないのですが、マイナンバー欄を無きものにしてしまっていい、という話になっています。

マイナンバー欄を無きものにしてしまった扶養控除等申告書では、マイナンバーを取得することはできません。

扶養控除等申告書へのマイナンバーの記載不要は、帳簿がなくてもOK!で、「うーん、帳簿にいろいろ書かなくちゃいけない『一定の帳簿スペシャル』と、扶養控除等申告書に従業員も事業者もコメントを書かなくちゃいけない『超特例帳簿スペシャル』の合わせ技って、なんかメリットあるのでしょうか?」と書いたのですが、この「合わせ技」により、
①この「一定の帳簿スペシャル」ベースでいく場合で、
②扶養控除等申告書のマイナンバー欄を無きものにした場合には、
③最初の扶養控除等申告書は「超特例帳簿スペシャル」でコメントが必要
ということになるんでしょうね。

つまり、マイナンバー欄を無きものにした扶養控除等申告書には、「相違ない旨の記載」のコメント等が絶対に必要になる、ということです。