夫の相続税が心配な主婦夫の相続税が心配な主婦

相続税の「基礎控除額」は、「3,000万円+600万円×法定相続人の数」よねえ?

ということは、相続でもらう財産が600万円以下だったら、その相続人は相続税がかからないって考えていいのよね?

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

相続税の「非課税枠」である「基礎控除額」は、おっしゃる通り3,000万円+600万円×法定相続人の数です。

この式を見ると、「法定相続人1人当たり600万円の非課税枠があるんだから、自分が相続した財産が600万円以下なら相続税がかからないな」と思うかもしれませんが、それは間違いです。

財産を取得した人全員の合計額から、基礎控除額を引いて、相続税の申告が必要かどうかを判定します。

財産を取得した人それぞれで相続税の申告が必要かどうかを判定する訳ではありません。

ですから、自分の所得した財産が600万円以下であったとしても、他に財産を取得した人が財産をたくさんもらっていて、合計で基礎控除額を超える場合には、相続税の申告が必要になりますから、注意してくださいね!