栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんは税務調査でケンカした方がいい?

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

「税務調査」と聞くと、税務調査官にムリヤリ税金を持っていかれる、というイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

よほど悪質な脱税等ならともかく、最終的には法人様に自主的に修正申告をするよう促すことになります。

例えば、白に近いグレーゾーンまで力ずくでムリヤリ黒に持っていったりしたら、そんな内容では誰も修正申告してくれないことは税務調査官も分かっています。

足利税務署の税務調査官は忙しい!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税務調査官は暇ではありません。

他の税務調査にも行かなければなりません。

税務調査当日だけが仕事ではなく、預ったりコピーを取った資料を精査するなど、税務署内でも税務調査は続きます。

その後、法人様と税理士との間で決着を図り、それと合わせて、報告書類を作成し、税務署内の上司の了承を得て修正税額を確定していきます。

「税務調査が早く終わればいいなあ」と思っているのは、法人様や税理士だけではなく、実は税務調査官も同じなのです。

栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんは税務調査官に早く回答すること!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

ですから、税務調査官からの質問に対しては、できるだけ迅速に回答しましょう。

税務調査の進捗が早い、ということは、我々が思っている以上に、税務調査官にとっては嬉しいことなんです。

栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんは税務調査官には事情をきちんと説明すること!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

「税務調査官の指摘が厳しい!」と思っても、感情的に対応してはいけません。

例えば、「どうしてこんな取引をしたのか?」と聞かれたら、そうせざるを得なかったやむを得ない理由を、税務調査官に分かってもらいたい、という気持ちを込めて説明してください

商取引をしていれば、どうしたって自分のやりたいようにできない場合だってあります。

それは、税務調査の現場を数多く踏んでいる税務調査官であれば分かります。

税務的理論(理屈)だけで、善悪の判断をされても困る場合ってありますよね。

もちろん、何でも言えば税務調査官に通用する、という訳ではありませんが、単に抵抗している、と思われないように、取引の事情や背景を冷静に伝えるようにしましょう。

栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんは税務調査官に回答するときは税理士にきちんと相談を!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税務調査では、税理士が法人様の代わりに税務調査官に回答することもありますが、法人様が回答する場合もあります。

もし、税務調査官の質問の意図や言っている意味が良く分からない場合には、税理士に相談しましょう

税務調査官が、税務のどういう知識をベースに、どんな点を問題視しているのか、というのは、同じ税務のプロである税理士なら分かります。

質問の意図をきちんと把握して、納得してもらう回答ができるよう、心がけてくださいね!