税務調査のプロである税務調査官でも、栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんの帳簿や請求書等を全部確認するのは無理!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税務調査は通常、3年分の期間(事業年度)が対象となります。

調査日数は、中小企業の法人の調査であれば、通常短くても2日間、長ければ1週間というところでしょう。

売上等の規模が大きな法人の税務調査になればなるほど、税務調査に立ち会う税務調査官の人数も増えますが、帳簿や請求書等のページ数、枚数も増えていきます。

複雑な取引も増え、税務の判断も難しくなりますから、取引の内容を正確に把握し、検討しようとすると、時間がかかってしまいます。

大きな法人であれば、調査日数や税務調査官の人数を増やせば帳簿や請求書等を全部確認できるかというと、そんなことはないのです。

税務調査官は栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんの税務調査をするとき、目星を付けてやって来ています!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税務調査官は、過去に提出された申告書や決算書などを精査し、利益率や棚卸、経費の金額などが不自然なところ、怪しい(正しく計算されていなそうな)ところ、大きく変動しているところ(同じような取引をしていれば、同じような決算書になるはず、という考え方に基づいています)をチェックして、目星を付けてから来ています。

当然、そのポイントをまずはチェックします。

間違いが見つかりそうな、追加の税金を取れそうなところを重点的に見ます。

限られた時間の中でやるのですから当然ですよね。

税務調査官は一般的に栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんがどんなところを間違いやすいか知っている!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税務調査官は税務調査のプロです。

数多くの税務調査をしてきています。

今までの税務調査の経験から、多くの法人さんが間違ったところを、同じように間違っているかもしれないな、という目でチェックします。

税務調査官は優先順位を付けて、栃木県足利市で税務調査立会対応税理士をお探しの法人さんの帳簿や請求書等をチェックする!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

まとめると、税務調査官は、全体をまんべんなく同じように見るのではなく、「その法人特有の怪しいところ」「一般的に法人さんが間違いやすいところ」を優先的にチェックしますからね。

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

数多くの税務調査を経験している税理士であれば、そのポイントは分かるはずです。

どのあたりがポイントになるか、また税務調査でどう対応すべきか困ったら、税理士に相談しましょう。