群馬県太田市で相続税申告税理士をお探しの方「生前贈与って何?」

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

生前贈与、とは、読んで字の如く、生前に贈与する、ということで、亡くなってから相続で財産をあげるのではなく、生きている間に財産をあげよう、とすることです。

「相続税が『亡くなった時点』の財産にかかるんだったら、その財産を減らして相続税を安くしよう」と考えて、亡くなってから相続で財産を渡すのではなく、亡くなる前に財産を渡すという趣旨で行われることが多いんです。

群馬県太田市で相続税申告税理士をお探しの方「亡くなる前に財産を渡してしまえば、相続税がかからず、それでOKなんですか?」

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

実は、亡くなる前に財産を渡すと、相続税はかからないが、「贈与税」がかかるんです。

せっかく税金(相続税)がかからないように贈与をしたのに、税金(贈与税)がかかってしまっては意味がないですよね!

実は、相続税もそうなんですが、贈与税も「非課税枠」というものがあります。

一般的な暦年課税贈与という贈与形式の場合、もらった財産が年間110万円以下であれば、贈与税はかからないんです。

だから、この「110万円以下」で贈与をしようとする方が多いですね!

ちなみに相続税の非課税枠は、亡くなった方の財産の合計で見て「3,000万円+600万円×法定相続人の数」です。

群馬県太田市で相続税申告税理士をお探しの方「相続税がかからなければ、贈与をしなくてもいいんですか?」

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

相続税がかからなくても、贈与をした方がいい場合もあります。

相続で財産を渡す場合、渡すと言っても、もう財産を持っている方は亡くなっていますので、遺言がなければ、通常は残された相続人が全員で、その財産をどう分けるかを話し合いで決め、遺産分割協議書という書類を作成します。

それぞれの相続人が自分の考えを持っていますので、話し合いがまとまらないと、いわゆる「争続」になってしまいます。

また、まとまったとしても、気の強い相続人が財産をたくさん相続してしまい、気の優しい相続人があまり財産を相続できない、という可能性もあります。

これらのことを考慮し、前もって財産を贈与しておく、というのは有効な手段です。

つまり、相続まで待って財産を分けっこされると大変そうだから、前もって渡しちゃおう、ということですね。

群馬県太田市で相続税申告税理士をお探しの方「そういう場合は、110万円を超えても贈与するってことですか?」

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

税金を0にすることだけを至上命題と考えると失敗します。

とにかく財産を渡したい相続人に渡すのであれば、税金は二の次という考え方も有です。

ただし、贈与税にもいくつかの非課税制度や、特例的な贈与方法があります。

それらを適用することによって、贈与の税負担を軽くすることができますよ!

また、110万円以下にこだわらず贈与をして、贈与税を払った方がいい場合もあります。

例えば、相続税の試算をしてみて、相続税の実質負担率が20%だとすると、5贈与税の実質負担率が5%で済むのであれば、贈与をしても税負担率が15%下がりますよね!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

有効な生前贈与をするために、全財産の内容を精査し、相続税の試算をきちんと行いましょう!