栃木県佐野市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!相続税がかからない場合には有利な制度です!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

この相続時精算課税贈与、2,500万円までなら贈与税がかからず、相続税がかかる、ってことなんですが、相続の際に、いざ相続税を計算してみたら、相続税がかからなかった、ということになれば、結果として贈与税もかからず、相続税もかからない、つまり、最終的に無税で贈与ができた、ということになります。

相続税の非課税枠は、3,000万円+600万円×法定相続人の数です。

(1)財産をくれる人の相続税を試算してみたら、相続税がかからない
(2)相続でもらうよりは贈与で早めにもらいたい財産がある

という場合には、この相続時精算課税贈与を検討してみては?

栃木県佐野市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!無税にならなくてもやった方がいい場合もある!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

この相続時精算課税贈与、相続の時にもらった財産に相続税がかかったとしても、又は、2,500万円を超えて財産をもらったために贈与の時に贈与税がかかったとしても、やった方がいい場合があります。

それは、遺産分けでモメそうな場合

相続でモメないようにするには、公正証書遺言を作成するのがベター。

でも、公正証書遺言があっても、それが執行されて初めて名義を変えることができます。

「こんな遺言、納得できない!反対!」なんて言い出す相続人が出てきたりしたら、もらう相続人は実際はメンドウクサイ。

もちろん、公正証書遺言を元に名義変更はできるけど、他の相続人に反対されながら名義書き換えするのも、精神的に大変ですよね(もうガチンコで仲が悪ければ、気にする必要はないけど)。

だったら、生きている間に贈与をしてあげて、所有権を確保した方が安心ですよね(特別受益の問題があるけど)。

税金は二の次、ってことです。

これは相続税の試算をしてみないとはっきりは言えないんだけど、通常は贈与でもらうよりも相続でもらう方が税金が安いんです。

だから、この相続時精算課税贈与は、相続まで待たずに贈与で財産が動かせる上に、課税上も高い贈与税ではなく、低い相続税で済むので、やった方がいい場合が結構あるんですよね!

栃木県佐野市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!不動産を動かす場合には、相続税・贈与税以外の税金に注意!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

土地や建物などの不動産の贈与を受けた場合、相続した場合に比べ「登録免許税」が割高になります。

また、相続なら課税されない「不動産取得税」がかかります

相続時精算課税贈与は、贈与税がかからず、相続税がかかる、っていうことなんだけど、これらの税金については贈与ベースで課税されるので、ご注意を!