栃木県佐野市で相続税申告相談税理士をお探しの方「節税効果はあるの?」

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

ずっとお話してきたように、相続時精算課税贈与は、贈与税はかからないけど、結局は相続税がかかるので、通常は節税にはならないよ。

暦年課税贈与の場合、年間110万円以下の贈与であれば、贈与税はかからないし、くれた人がその後3年以内にお亡くなりにならなければ、相続税もかからない(3年以内にお亡くなりになると、贈与財産をもらった人が相続財産を相続した場合、贈与財産にも相続税がかかります!)。

つまり、毎年コツコツ110万円以下の贈与をすれば、確実に相続財産を減らすことができるんだ。

これは節税だよね!

でも、相続時精算課税贈与による財産の移転は、計算上は相続財産に足し戻して相続税を課税するので、相続財産を減らす、という節税効果はないんだよね。

ただし、評価額が上がっていく財産については、相続時精算課税贈与によって、節税になる場合があるんだ。

例えば、評価額1,000万円の土地を相続時精算課税贈与で贈与して、相続の時にその土地の評価額が3,000万円だったとする。

その土地を相続財産に足し戻す際、評価額は「贈与時」の1,000万円を使うんだ。

つまり、生前に贈与を受けずに、その株式を相続したとしたら、相続した人は3,000万円の評価額に対する相続税を払わなければならなかったんだけど、相続時精算課税贈与により贈与を受けていれば、1,000万円に対する相続税を納めれば済むんだ。

評価額が上がっていく財産については、上がる前に相続時精算課税贈与で移転した方が、税負担は少なくなるという訳。

でも、評価額が上がるか下がるかは、未来のことなので分からないけどね!

栃木県佐野市で相続税申告相談税理士をお探しの方へ!あなたが中小企業の社長さんなら話は別!

転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

ただし、中小企業の社長さんが、自分が経営している会社の株式を、相続時精算課税贈与で後継者である息子さんに贈与するのは、スゴく効果的

非上場会社の株式は、処分することができないのに、評価額が高かったりして、相続の時に大変な思いをすることが多いんだ。

毎年利益が蓄積されていけば、どんどん株価が上がっていっちゃう。

でも、特別償却や固定資産除却損が多額に計上されて、利益が出ていない事業年度があれば、一時的に株価が下がることがあるから、そういうタイミングを逃さず、相続時精算課税贈与で株式を移転してしまうといいよ!