転ばぬ先のメモ魔税理士転ばぬ先のメモ魔税理士

中小企業はヒト・モノ・カネの経営資源が乏しいのが当たり前。
だから、いざ新しいことをやろうとすると、「お金がないからできない」「うちの会社には人材が不足しているから無理」という話になってしまう。
難しいのは分かる。
簡単ではないのは分かる。
でも、そこで止まってしまっていたら、何にも実現しない。
話がそこでストップしてしまう。
挑戦をストップさせてはいけない!
「それは分かるが、じゃあどうやったらできる?」とそのストップした思考に問い掛けをかぶせ続けること!
部分的に可能にならないか?
自分が想定しているやり方以外に方法はないか?
本当にお金がないのか?(「結構、銀行が簡単に貸してくれるかも。話してみるだけならタダだし。」)(「安くやる方法はないか?お金をかけなくてもできるんじゃね?」
本当に人がいないのか?(「人が足りないんだったら人を雇えばいいんじゃね?」
全てが揃っている会社なんてない。